スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米Amazon「Kindle Fire」と「Amazon Silk」

安い価格で登場すると言われていた新しいKindle(4種)が、ついに発表されました。
その中でも注目はカラー液晶の「Kindle Fire」
価格は199ドルで、11月15日から出荷される。日本での発売は不明。

スペックは以下の通り。

ディスプレイ:7インチIPS液晶(1024×600ピクセル)
プロセッサ :OMAP4(デュアルコア、OMAP4430あたりか?)
OS     :AndroidベースのOSをカスタマイズ
サイズ   :190×120×11.4ミリ
重さ    :413グラム
ストレージ :8Gバイト
バッテリー :読書時8時間、動画再生時7.5時間

大きさはだいたいGALAXY Tab(190×120×12.1ミリ、382g)と同じぐらい。

ストレージは8Gと少なく思えますが、Amazonから購入したデジタルコンテンツは、Amazonが提供する無料のクラウドライブラリにすべて保存でき、必要なコンテンツだけをクラウドストレージからFireにダウンロード可能とのことなので、あまり問題にならないかも知れません。
Appleも「iCloud」や「iTunes Match」で似たようなことをするようですが、どちらが早いか?

値段が199ドルというのは、中華aPadより安いかも!?
iPadは499ドルからだから、これは爆発的に売れそうですね。

端末もなかなか興味深いと思いましたが、
同じく気になったのはAmazonオリジナルブラウザ「Amazon Silk」。

このブラウザの動作を端的にいうと、
ブラウザのタスクを細かく分割しクラウドとデバイスで動的に分担する
とのこと。

具体的には以下の挙動のようです。

 デバイスからクラウドへリクエスト
  ↓
 クラウドからウェブサーバへ並列アクセス
  ↓
 並列処理後、消化しやすい状態にまとめる
  ↓
 デバイスへ

これってOpera Miniなどサーバで処理する既存のブラウザより進んでいるのではなかろうか?

さらに

・「この製品をチェックしたカスタマーは~」で開発したアルゴリズムを応用し、アクセス頻度の高いリンク先やファイルをあらかじめクラウド側で取得・処理しておく(容量無制限)。
・Twitter を始め多数の大手ウェブサービスはもともとAmazonのクラウドにホストされているため、多くのリクエストが自前のクラウド内で完結する。

というAmazonならではの強みを指摘している記事をみて、思わず"なるほど!"と思いました。

Fire 以外の端末にもブラウザアプリとして是非提供して欲しいなぁ。
スポンサーサイト
[ 2011/09/29 21:08 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。