スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「モバキャス」と公衆無線LAN

「モバキャス」なるものをすっかり忘れていましたが、
応募わずか1社…。新放送サービス、失速の真実 なぜ、「モバキャス」は敬遠されたのか
の記事を読んで思い出しました。
そういえばドコモとauがなんか競っていたなぁと。

モバキャスとは
地上テレビ放送のデジタル化によって空いた周波数帯の一部を使った新放送サービス
で、記事によると
10~15の参入枠を設けて放送局となるソフト事業者を募集したが
1社(それもインフラを勝ち取ったドコモ子会社)しか申請がなかったとのこと。

2012年春に始まるようだが、こんな状態ではまったく魅力を感じないですね。

コンテンツを供給する側の理屈としては
・「端末側できちんと放送波を受信できるのか」という不安
・スマホがあるのでわざわざ放送インフラを借りて提供する必要性が薄い
といった理由から参加に消極的らしい。

確かにドコモの有料ケータイ専用放送の「BeeTV」が好調らしいので、現インフラでのコンテンツ供給の方が現実的なのかも知れません。

が、そうなると良く言われるスマホの普及による3Gデータ通信回線の逼迫問題はどうなるのか?

auのようにWi-Fiで分散がよいのだろうが、
どうせなら全国的に公衆無線LANを張り巡らすのはどうだろう?台湾のように
スポンサーサイト
[ 2011/09/15 20:37 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。