スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

公衆無線LANの比較と利用した感想

スマートフォンを利用されている方はご存知と思いますが、
月額データ通信費を定額プランで利用すると何気に高いですよね(詳しくはこちら)。

かといって従量プランだとネットを使いすぎないように気を使うのが面倒くさい。

一方、
行動範囲を見直してみると
案外職場(とその周辺)と自宅の往復がほとんどだったり、
休日も決まった場所への移動が多かったりする人も
多いのでは?

そのような方は月額料金の安い衆無線LANサービスの利用を
検討することをオススメします。

かくいう自分も行動範囲はわりと狭く、
しかもたまたま職場の近くにマクドナルドもあったので
Wi2 300」を利用してみました。
その感想など。

●サービスの比較と検討
月額料金が安いのも、利用エリアが広いのも
当然検討する項目になりますが、
それ以上に自分が重視した項目は接続しやすさですね。

ちなみに
サービスのエリアの確認はウィキペディアが、
サービス内容の比較はこの記事がとても参考になりました。
また
FREESPOT」や「FON」や「7SPOT(2011/10~)」も併せて利用したいところ。

話を戻すと
無線LANへの接続の際にいちいちIDとパスワードを
入力するのは苦痛だろうと考えた訳です。

そこで専用接続ツールがあるサービスの一覧をまとめたのが
下の表です(※livedoor WirelessはMACアドレス認証ありで接続は簡単だが、接続範囲が狭いうえに月額料金が高いので省略)。

musen_lan2

この表から判る通り、
Androidは「Wi2 300」と「ワイヤレスゲート」を選択できるが、
iOS(iPod touchやiPadなど)での簡単接続は「Wi2 300」一択になる。

●使用感など
iPad2で利用してみました。
最初はなぞのエラーで接続がうまくいかなかったが、
電源を入れ直したりとかでの結果、接続できました。

専用アプリのおかげで接続自体はとても簡単ですが、
接続後に自分が思ったより切断があるな、とも思いました。

具体的には
長時間同一のページを見ているといつの間にか切断されていたり、
なんだかよくわからんがたまに切断されていたりといった感じ。

結果
やっぱり専用接続ツールは必要だなと強く思いました。

●結論
外でヘビーにネットを利用していない場合
公衆無線LANの併用 は「アリ」と思いました。
月額料金が安いし、複数端末(例えばiPad2とiPod touch)を
一つのIDで使えるからテザリングを気にしなくても良いし。

範囲外でのちょっとした調べごとは
携帯電話回線をチョコっと利用すればよいわけですからね。
スポンサーサイト
[ 2011/08/20 23:49 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。