スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Google+とAndroidとWindows Phone 7.5(Mango)

最近Googleが始めたサービスに「Google+」がありますが、
登録利用者数がすでに2,000万人を超えたとのこと。

そのことに関して
グーグルが目指すケータイの創造的破壊と実効支配「Google+」というスマホ時代の巧妙な仕掛け
といった、ちょいと面白い記事をみつけました。

要約すると
Googleはデータとトラフィックの支配をし
消費者の行動履歴等、ユーザに関する情報を広告主等に販売するばかりか
データ市場の創造と支配を目論んでいるのでは?
といった内容の記事でした。

やや陰謀論的に思う反面、
"あながち間違いでもないかも?"とも思ったりもしますね。

Googleがその気になれば
ある日突然自分のアカウント削除もできるので
もしそんな事をされたとすると
確かに困るし、恐怖でもあるかなと。

ただ、
Googleに対する恐怖感(というか不安感)は
今に始まったことではなく、
Google検索に依存しだした時からなんとなく思ってましたが、
結局サービスを利用している自分がいるんですよね。便利だから。

一方
Androidについては
オープンなプラットフォームということで
シェアをグイグイと伸ばしていますが、
特許ライセンスを主張するMicrosoftの動きが気になりました。

ユーザーの立場ではあまり関係ないですが
Android端末が売れれば売れるほど
Microsoftも儲かるのは、なんだかなぁ。
MSの取り分が大きいとAndroid衰退の要因になるような気もする。

ぼちぼち
Windows Phone 7.5(Mango)のスマホもauから出るようで、
今後のスマホ争いが激しくなりそうですね!?
スポンサーサイト
[ 2011/07/27 20:40 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。