スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

賃貸更新料、最高裁で6月10日に口頭弁論

いよいよ明日は一連の更新料裁判についての口頭弁論ですね。
最高裁が初の統一的な判断を示すと言われています。

個人的な見解は
高すぎる更新料(例えば1年毎に2カ月分)は違法だが、
常識的な更新料(例えば2年毎に1カ月分)は違法ではない
といった流れで、
違法の根拠づけとして「消費者契約法第10条」を利用した
と見ています。


果たしてどうなる事やら・・・


ちなみに
参考になりそうな情報を以下にまとめてみました。

●消費者契約法第10条

民法 、商法 (明治三十二年法律第四十八号)
その他の法律の公の秩序に関しない規定の適用による場合に比し、
消費者の権利を制限し、
又は消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって、
民法第一条第二項 に規定する基本原則に反して
消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。


●最高裁判所昭和51年10月1日(昭和51年(オ)第657号)判決

(以下は抜粋)
宅地賃貸借契約における賃貸期間の満了にあたり、
賃貸人の請求があれば
当然に賃貸人に対する賃借人の更新料支払義務が生ずる旨の
商慣習ないし事実たる慣習が存在するものとは認めるに足りない
とした原判決挙示の証拠関係に照らして、
是認することができ、その過程に所論の違法はない。
論旨は、ひっきょう、独自の見解を主張するものであって、
採用することができない。


●更新料の法的性質

・異議権放棄の対価
 … 更新するに際して貸主が更新に対する意義を述べない
  (更新を承諾する)ことの対価として支払うとする見解
・賃料などの補充
 … 過去の賃料の不足分の後払い精算、
  または
  将来の賃料について事前に前払いする、
  あるいは
  よりよい条件で他の賃借人に賃貸できるかもしれないところを
  従前と大差ない賃料で契約を継続させる分の
  穴埋めのために支払うとする見解
・権利金充填(賃借権強化の対価説)
 … 更新することによって
  敷金・権利金が目減りするのを
  填補するために支払うとする見解


(追記)
判決は7月15日に出るようですね。
スポンサーサイト
[ 2011/06/09 20:57 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。