スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Unity】CSVファイルのデータを取り込む方法

CSVファイルをUnityに取り込んだときの備忘録。

1.まずエクセルなどでCSVファイルを作成する。
(下図の例では”parameter.csv”を作成)
20141028-001.png


2.次にUnityを起動し、Unityのプロジェクトフォルダ内の適当な場所へCSVファイルをドラッグ&ドロップ。
するとUnity内でテキストファイルに変換された。
20141028-002.png


3.空のGameObjectを作成。
20141028-003.png


4.スクリプトファイルを作成し、コード入力。
(図の例ではC#で”ReadCSV”ファイルを作成)
20141028-004.png

20141028-005.png


5.空GameObjectに作成スクリプトファイルをアタッチ。
20141028-006.png


6.テキストファイルに変換された2.のCSVファイルを紐づける。
(スクリプトコード内のPublic変数”csvFile”に紐付け)
20141028-007.png


7.Unityで実行(すると結果がわかる)。
20141028-008.png



コードサンプルは以下の通り。


using UnityEngine;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;    // 追記

public class ReadCSV : MonoBehaviour {
    public TextAsset csvFile;      // GUIでcsvファイルを割当
    List csvDatas = new List();

    // Use this for initialization
    void Start () {

        // 格納
        string[] lines = csvFile.text.Replace("\r\n", "\n").Split("\n"[0]);
        foreach (var line in lines){
            if (line == "") {continue;}
            csvDatas.Add(line.Split(','));    // string[]を追加している
        }

        // 書き出し
        Debug.Log (csvDatas.Count);         // 行数
        Debug.Log (csvDatas[0].Length);       // 項目数
        Debug.Log (csvDatas [1] [2]);        // 2行目3列目
    }
}

スポンサーサイト
[ 2014/10/28 21:32 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。