スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Excel VBA】ListBox、ListViewで各項目ごとに色を変える方法(その1)

ユーザーフォームのListViewで各項目の文字色を設定する備忘録。

20141020-001.png


ユーザーフォームのListBoxで各項目に色分けをしようとすると難しい。

しかし、「ListView」を使用すると割と簡単に実現できる。

※ちなみに64bit版Excelでは「ListView」を使用できないようです。

「ListView」は初期の段階では使用できないので、まずは使用できるように準備が必要。
以下、準備手順。

1. エクセルを起動し、VBE(Alt + F11)を起動する。
 挿入 > ユーザーフォーム でユーザーフォームを挿入する。

2. 挿入したユーザーフォームを選択した状態で「ツールボックス」が表示されていない場合、表示 > ツールボックス から「ツールボックス」を表示しておく。

3. 「ツールボックス」の適当なところで右クリックを押し、「その他のコントロール」を選択する。
20141020-002.png

4. "コントロールの追加"画面で"Microsoft ListView Control, version 6.0"を選択し、「OK」ボタンを押す。
20141020-003.png

5. すると「ツールボックス」に「ListView」アイテムの項目が増える。
 ここを押すと「ListView」を追加できるようになった。
20141020-004.png


しかし、「ListView」を追加しようとすると"ライブラリは登録されていません。"と表示され、追加できない場合がある。
20141020-005.png


この場合は更に以下の手順を追加で行う必要がある。

0. 念のため
C:\Widnows\SysWOW64 フォルダに存在する
「mscomctl.ocx」ファイルをバックアップ。

1. C:\Program Files\Microsoft Office 15\root\vfs\SystemX86
フォルダ内に存在する
「MSCOMCTL.OCX」ファイルをコピーし、
C:\Widnows\SysWOW64 フォルダ内に貼り付ける。
(上記はExcel2013の場合。それ以外のバージョンだと"~\Microsoft Office 15\"の部分が違う)

2. "管理者"としてコマンドプロンプトを開き、
regsvr32 C:\Windows\SysWOW64\MSCOMCTL.OCX
コマンドを実行する。

3. 「~の DllRegisterServer は成功しました。」
と表示されれば登録成功。
20141020-006.png


これでめでたく使用できるようになる。


その2へ続く
スポンサーサイト
[ 2014/10/20 17:57 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。