スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【エクセル】COUNTIFS関数でOR条件個数を集計する方法

OR条件のデータ個数集計の備忘録。

まず、AND条件の集計について。
hyou001.png

AND条件であればCOUNTIFS関数で簡単にデータ個数を集計できる。
例えば上の表データに対し、以下の条件で抽出する場合はこのようになる。


抽出条件:
  "男" 且つ "40歳より上" 且つ "東京都" 
式:
  =COUNTIFS(B2:B11,"男",C2:C11,">40",D2:D11,"東京都") 



これをAND条件(=且つ)ではなく、OR条件(=或いは)でデータ個数の集計を行うにはどうすれば良いか?

結論から言うと「COUNTIFS関数」では実現できない。

だが、「SUMPRODUCT関数」を使用することで集計が可能。

具体的には以下の通り。


抽出条件:
  "男" 或いは "40歳より上" 或いは "東京都" 

式:
  =SUMPRODUCT((((B2:B11="男")+(C2:C11>40)+(D2:D11="東京都"))>=1)*1)



●ポイント
 ・ 論理値(TRUE / FALSE)は演算("*"や"+"等)で数値に変換できる
 ・ 論理値の「数値」は TRUE -> 1、FALSE -> 0
 ・ 論理積は"*"(掛け算)、論理和は"+"(足し算)で計算できる


理屈は以下を参照。

rikutsu002.png
スポンサーサイト
[ 2014/10/17 08:17 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。