スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今更ながら、バターチキンカレー(レトルト)を比較をしてみた

食べ比べしたのは、以下の5種類を勝手にチョイス。

butter_all2.jpg

・素材を生かしたカレー バターチキン (無印良品 180g ¥294)
・デリー・プレミアムレシピ バターチキンカレー (House 210g ¥315)
・噂の名店マンダラ バターチキンカレー お店の中辛 (S&B 200g ¥299)
・新宿中村屋 インドカリー 濃厚タンドリーチキン (中村屋 200g ¥315)
・バターチキンカレー (KALDI 180g ¥320)

以下、個人的な感想など。

●素材を生かしたカレー バターチキン (無印良品)
butter_muji.jpg

さすがにブームの火付け役だけあって、程よい辛さにコクもあってとても食べ易い仕上がり。具のチキンの大きさもそれなり。他と比較して味に変なクセもなく、とてもバランスが良く感じられた。日本人向けによく調整されているかと。

●デリー・プレミアムレシピ バターチキンカレー (House)
butter_house.jpg

この中では普通のレトルトカレーに一番近い。ヨーグルトが多いのか見た目も白っぽく、コクはあるが辛さは一番少なかった。とても食べ易い反面、「バターチキン」カレーを求めて食べると肩透かしをくらうと思われる。

●噂の名店マンダラ バターチキンカレー お店の中辛 (S&B)
butter_sb.jpg

見た目赤みがかっている通り、辛くてスパイシー。この中では一番辛かった。トマトの味わいが強いスープはサラサラ。食べると最初強い辛さが襲い、後からほのかな甘みと旨みを感じるタイプのカレー。

●新宿中村屋 インドカリー 濃厚タンドリーチキン (中村屋)
butter_nakamuraya.jpg

商品名にはバターチキンとうたっていないが、材料的に同様なので比較した。具のチキンが骨付きで一個丸々入っているのが目を引く。おそらくカシューナッツペーストかココナッツミルクの違いからか、この中では一番味わいが変わっている印象を受けた。辛さはそこそこ、コクもある。

●バターチキンカレー (KALDI)
butter_kaldi.jpg

最初の一口は若干クセを感じ微妙かと思われたが、食べ進めるにつれ美味しさを感じられた。他と比べ値段が若干高いせいか、具のチキンが他より大きめなのが嬉しい。辛さもコクも程よい。


総評:各社それぞれに個性があるのがまず驚いた。個人的には後味にクセがなく、バランスの良さが際立っていた無印のバターチキンがなんだかんだでベタながらオススメしたい。意外だったのがKALDI。まったくのノーマーク(失礼!)ながら、なかなか美味しく戴けた。他、あとは好みでそれぞれどうぞ。
スポンサーサイト
[ 2014/01/26 12:18 ] その他 | TB(0) | CM(1)
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
[ 2014/02/10 11:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。