スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「感情労働」のお仕事と対価

"非正規雇用に押しつけられる「感情労働」のお仕事"という記事を読んで、「感情労働」という言葉を知る。

ちょっと調べてみるとどうやらアメリカの社会学者A.R.ホックシールドが提唱した働き方の概念のようで、以下の職業等を指すようだ。

・客室乗務員
・看護師
・介護士
・ヘルプデスク
・企業の苦情処理、顧客対応セクション
 etc

どれもこれも従前から大変だと思われる仕事ばかりですね。

ただ、記事にもあるとおり、感情労働は、職業をあまり選ぶことができない弱い立場の人々に押しつけられがちな上に、賃金も安い場合が多く、どうにかならないものかなぁと。

つい最近でも”インドネシアから来日した看護師たち すでに6割以上が帰国”といった事もありました。


例えば「感情労働」の労働環境改善に取り組むと企業価値の向上になるといった世間の変化が起これば、賃金の上昇が実現するのだろうか・・・?
スポンサーサイト
[ 2012/05/30 20:29 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。