GumroadとEdyと可能性

今年の2月に何かと話題になった「Gumroad」。

以前このブログでも取り上げましたが、デジタルコンテンツを販売する者にとってはとても面白いサービスである反面、以下の問題点も指摘されていました。

1.売る側はPayPalアカウントが必要。
2.購入者に対しそのダウンロードURLがそのまま送信されるので、そのURLがそのままネットに流出するとタダで取られ放題。
3.国内では資金決済法の絡みで問題になる可能性がある。
4.「誰でもコンテンツを簡単に販売できる」ということは「海賊版を誰でも簡単に販売できる」ということでもある。

また、購入する側もメールアドレスとクレジットカード情報の入力が必要になることから、ちょっとハードルが高い。

そこで思ったのが、
 決済手段はPayPalではなく、電子マネー「Edy」を利用できないのだろうか?
ということでした。

どういうことか?

電子マネーEdyの"ビットワレット"とインターネット銀行の"イーバンク"が傘下にある「楽天」という会社を調べてみると、"資金移動業者"に登録されていることから、資金決済法等の法絡みはクリアできそうである、と予想。

また、URLの流出は「gumsafe」で解決。

従って、もし「Edy」がGumroadの決済対応するとなると、上記4.以外は日本国内ですべてクリアできると思うのだがどうだろうか?

特におサイフケータイ(MobileEdy)は本人確認も担保されているし、外部端末(パソリ等)も必要がないし、購入する側も簡単なので利便性もよい。

あとはEdy(楽天)のやる気の問題か?

ま、4.の問題解決が難しいようならば、Gumroad以外の外国拠点の似た様なサービス会社とEdyとが提携して一から新しいサービスを立ち上げる・・・というシナリオでもいいんだけどね。

他にも電子マネーはあるがEdyに(勝手に)期待したい。
スポンサーサイト
[ 2012/04/12 21:40 ] その他 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【GumroadとEdyと可能性】
今年の2月に何かと話題になった「Gumroad」。以前このブログでも取り上げましたが、デジタルコンテンツを販売する者にとってはとても面白いサービスである反面、以下の問題点も指摘されていました。1.売る側はPayPalア入者に対しそのダウンロードURLがそのまま送信される?...
[2012/04/12 21:57] まとめwoネタ速suru
プロフィール

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
アクセスカウンター
押さないでください