スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コーヒーこぼしてマックを訴えた裁判と偏向報道

3/5に放送されたNHKBSの世界のドキュメンタリー「ホットコーヒー裁判の真相」。
私は直接この放送を見た訳ではないが、「コーヒーこぼしてマックを訴えた裁判の真相」という記事で紹介された内容を読んでちょっと考えさせられた。

この裁判は日本のニュースでも当時報道されているのでご存知の方も多いと思われるが、私が当時持った印象は"言いがかり?""アメリカは訴訟社会で行き過ぎ"といったものであったと記憶している。

だが、記事によると以下の状況だったようだ。

・当時のマクドナルドのコーヒーは、マニュアル上極めて高い温度を保つようにされ、そのまま飲んだら火傷する代物だった
・同様の事故・苦情が700件あったのに、マクドナルドは何ら改善策を講じなかった
 ↓
・コーヒーをこぼしたのは原告なので、過失相殺はされたが、その上で多数の事故を放置してきたことの悪質さを根拠として、巨額の懲罰賠償を命じた


よく調べると、報道から受ける印象とのズレや違いを感じることって、ままあるなと。


この記事を読んですぐに思い出したのが、「引越しおばさん」こと河原美代子さんの騒音事件。

当時マスコミは一方的におばさんを叩いていて、塩爺なんか生放送中に「キチガイ」発言までしていたのが印象深い。
だが、裁判が進むと以下の意外な事実が判明してきた。

・(この件で訴えた)原告夫婦が隣に越してくるまでは明るい楽しいおばさんだった。
・ご主人は入院中で、障害を持つ息子さんと一緒に暮らしていた。
・原告夫婦は河原家まで照らすような明るい照明を設置したので、美代子さんは窓から光が入らないように頼んだが無視される。
・原告夫婦はさらに早朝から布団叩きをしたり、難癖をつけたり等嫌がらせ行為を行なう。
・美代子さんが布団叩きで対抗すると原告夫婦側はビデオでの監視(24時間)を始め、集団で嫌がらせ行為に及ぶ。
・美代子さんに対して近隣住民も「普通の人だったと思います」と答えていた。

上記内容はネットではよく語られていて、こちらの内容の方がより真実に近いのだと思います。

だがしかし、これも"本当に真実に沿った内容かどうか?"と考えると、"間違いではないのだろうが事実とのズレが多少はあるんだろうなぁ"とも考えてしまったりします。


長々と書いていますが結局、”マスコミ情報で短絡的に結論を出さないよう注意したい”ということが今回言いたかった主旨です。


(おまけ)
ちなみに、話はコーヒーの件に戻って、Wikipediaでこの事件を調べるとまた印象が変わったりするのでは!?
スポンサーサイト
[ 2012/03/06 21:29 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。