スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糖尿病とアルツハイマー病と経鼻インスリン療法

インスリン鼻スプレーで治療!?初期のアルツハイマー病を改善経鼻インスリン療法」という記事を読んで、初めて糖尿病とアルツハイマーの関連性があることを知りました。

記事の内容をざっくりまとめると以下の通り。

インスリンの不足や作用低下で起こる有名な病気が「糖尿病」だが、脳もまたブドウ糖を大量消費する器官から糖質消費にはインスリンが必須であり、インスリン不足や作用低下によって脳に影響が起きてもおかしくはない。
実際アルツハイマー型認知症の初期において、海馬を含む部位でのインスリン濃度の低下が、報告されている。

ということは、アルツハイマー治療として効率よくインスリンを脳に届けることが出来れば有用では?といった観点から、鼻粘膜からゆっくり脳血流にインスリンを到達させる「経鼻インスリン療法」(鼻スプレー)といった療法が研究されている。

2011年9月、米国でこの療法の試験結果が報告され、若干の改善が認められた。


記事にもある通り"今回の結果は大規模臨床試験への試金石になる"ということは、まだまだこれから・・・ということですね。実現すれば手軽な治療方法なので、長い目で期待したい。

しかし全然関係ないが、2011年9月に発表された話を今日に持ってきた、ダイヤモンドの記事の意図がよくわからんなぁ。
スポンサーサイト
[ 2012/02/06 20:14 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。