スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソーシャルゲームのマネタイズ

今までなんであんなにソーシャルゲームと呼ばれる物が流行っているのか、いまいちピンと来ませんでしたが、「任天堂はなぜソーシャルゲームをやらないのか(下)~」の記事を読んで何となく判った気になりました。

(以下抜粋)
ソーシャルゲームは、単なる遊びとしてのゲームの側面もあるでしょうが、一方で、『自尊感情補完ビジネスとしてのソーシャルゲーム』を遊んでいる人もいると思います。自尊感情は、『どれだけ他者に受け容れられているかの指標』だという考え方があります。他者に認められた、集団の一員として認められたと実感できたとき、自尊感情が高まることになります。コミュニティで友情を築くということは、この自尊感情を強く補完するビジネスだと思います


「ありがとう」と感謝されたり、「すごいね」と尊敬されたり、リアルでは体験が難しいそういった経験がゲーム内であればできる。そして、その積み重ねが支払い金額の積み重ねにも繋がり、結果高額になっても払う価値があるといることなのだろうかね・・・?

ただ、レアアイテムの出現確率すら表示されない「ガチャ」のシステムは狂気の沙汰だし、端から見てプレイヤーはお金を搾り取られているようにしか見えないこのビジネススタイルは到底好きになれないし、サービス乱立の結果、供給過剰の飽和状態になっていずれは収束するような気がするのだが。

果たして今後、ソーシャルゲームはどうなることやら・・・。
スポンサーサイト
[ 2012/01/10 20:48 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。