スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Wi-Fiの需要爆発とその対策

ダイヤモンドオンラインの記事にWi-Fiに関するなかなか面白い記事が載っていた。

記事の内容はだいたい以下の通り。

・スマートフォンの台頭による急激な需給ギャップの拡大
・「モバイルWi-Fiルータ」が無線LANの干渉の材料となる
・「セブンスポット」アマゾンや楽天などのネット通販大手のサイトへのアクセスが制限
 →「実物を店舗で見て購入はネットで」の具体的対策を施す必要に迫られたから?
・公衆無線LANサービスを提供するコネクトフリー社が、利用者のホームページ閲覧履歴、twitterやfacebookのID等の取得や、アマゾンのアフィリエイト・プログラムに関する不適切な利用を行っていた
・九州大学システム科学研究院のチーム(研究代表:古川浩教授)がWi-Fi基地局同士の中継・協調技術を開発し、福岡の天神地下街などで実用化されている

ここで気になったのが、最後の”福岡の天神地下街を無線LAN化した”との部分。

少し調べてみるとここに詳細な記事があることを発見。

なんでもその実現に至った技術は従来と比較すると
・LANケーブル敷設にかかるコストを7分の1以下にまで低減
・「PCWL-0100」本体はコンパクト
・ネットワークの構築は非常に簡単
ということらしい。

携帯(スマホ)のデータ通信網は逼迫しているのは間違いないので、競合する技術がなければ今後どんどん普及するのではないかと思われます。

ちなみにここの記事をみると九州大学はかなり前からWi-Fi(無線LAN)研究をしていたようで、良いタイミングで実用化までたどり着いたなぁと思いました。
スポンサーサイト
[ 2011/12/14 20:33 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。