スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「引き寄せの法則」!?

2007年の初版以来、版を重ねているロングセラー『引き寄せの法則』(マイケル・J・ロオジエ著/石井裕之監修/講談社)という本がある。ビジネス書らしい。

「らしい」というのも、今日"月商3万円から生還した社長の「人気ビジネス書 実践カスタマイズ」"というコラムで初めて知ったから。

本の概要はこんな感じ。

 注意と意識とエネルギーを向けるものは、
 良いことであれ、悪いことであれ、現実のものとなって現れる――。
 これが、引き寄せの法則。


まぁ要は「ポジティブに願えばすべて叶う」といったところか。

またまた、ご冗談を・・・願うだけでいいなら皆幸せになってるやろが。

と思いつつもコラムを読み進める。
著者の「引き寄せ体験」の具体例が書いてあり、よくある自己啓発・スピリチュアル系な話になるんかいなぁ?と思っていたところ、最後に著者が「宮脇 睦(みやわき あつし)」氏ということを知って驚いた。

宮脇さんの連載コラム「エンタープライズ0.2 - 進化を邪魔する社長たち」は、毎週火曜日に「マイナビ」で掲載されており、毎週楽しみに読ませて戴いています。

この連載コラムを読むと良くわかりますが、想像される宮脇氏の人物像は現実的でシニカルなイメージを受けます(間違っていたら失礼)。

そんなイメージを(勝手に)持っていた宮脇氏がこのような書籍を紹介するとは!ちょっと気になるなぁ・・・

とかいいつつ、ポジティブシンキングは嫌いじゃないんだけどね。
スポンサーサイト
[ 2012/02/29 21:12 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ダイエットの実験(12)

以前からの続き)

ダイエットの実験もついに一年が経過しました!

★ルール
a.月曜から木曜の夜ごはんを食べない
b.金・土・日は普通に食べる
c.夜食べないときは、"ぶどう糖(3g)"と"黒あめ1コ"で過ごす
d.それでも空腹感を感じたら水を飲んでごまかす
e.酒は飲んでもよいが"蒸留酒"のみで、つまみもなし(金・土・日は制限なし)
f.土・日は夜ごはんの前に軽く運動する

2/1~2/29の結果は以下の通り。
diet_kiroku20120229.gif


グラフにするとこんな感じ。
diet_graph20120229.gif


0から1ヶ月後:-3.6kg(およそ4.3%減)
1から2ヶ月後:-2.2kg(およそ2.6%減)
2から3ヶ月後:+0.2kg(およそ0.2%増)
3から4ヵ月後:-1.0kg(およそ1.2%減)
4から5ヶ月後:+0.6kg(およそ0.7%増)
5から6ヵ月後:-1.0kg(およそ1.2%減)
6から7ヵ月後:+1.6kg(およそ1.9%増)
7から8ヵ月後:+1.2kg(およそ1.4%増)
8から9ヵ月後:-2.6kg(およそ3.1%減)
9から10ヵ月後:+2.8kg(およそ3.3%増)
10から11ヵ月後:-1.8kg(およそ2.1%減)
11から12ヵ月後:-1.0kg(およそ1.2%減)

気づけば実験も1年が経過しました。
当初の体重が84.2kgで現在が77.4kgなので、一年で6.8kg減少したことになります。
振り返ると空腹感はほとんど感じず、苦痛を感じずに過ごせたのは良かったですね。


次の月は月初を基準体重として、また引き続き観察を続けていく予定。
[ 2012/02/29 20:03 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

「しゃべってコンシェル」と「Siri」とGoogleと

NTTドコモは音声エージェントサービス「しゃべってコンシェル」を3月1日から開始すると発表した。

発表から一日経った今日、ここの記事を見ると詳しく機能が紹介されており、なかなか興味深い。

以下、気になった点を抜粋。

・メールの作成は宛先の設定にとどまらず、本文まで音声で入力可能。一度に長く話しかけるとエラーになるが、文章ごとに区切っての入力なら、かなりの長文でも問題ない。
・「しゃべってコンシェル」は単純なウェブ検索には対応していない。
・「ネットワークの向こう側にあるドコモの多様なコンテンツを、ユーザーのニーズに合わせて取り出せる点が、Siriとの最大の違い」

メール本文まで音声で入力できるのは、ちょっと魅力的かな。
しかし、Google音声検索のような単純なウェブ検索に対応していないのはなんでだろうか?

記事ではドコモの目的は「ドコモのサービス、コンテンツへの導線を作ること」で、「Siri」とは方向性が違うとの指摘でしたが、消費者としては近々登場が予定されている日本語対応の「Siri」と比べてどちらが便利か、やっぱり気になりますね。

更に言えば、「Google音声検索」や「Google翻訳(Google Translate)」で音声認識サービスを提供しているGoogleでも同様なサービスが始まることにも期待したい。


(3/12追記)
「しゃべってコンシェル」と「Siri」の比較記事がありました。「しゃべってコンシェル」優勢?
[ 2012/02/28 22:11 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ネタか? ヤンキー専用SNS『ヤンキー愛羅武勇』

一体どこまで本気なのだろうか?
ヤンキー専用SNS『ヤンキー愛羅武勇(通称、ヤンラブ)』が公開されたらしい。

プロフィール欄に「補導歴」「逮捕歴」欄があって設定できるらしいが、ネタなのか、本気なのか、なんなのだ?

しかし、ここの記事をみるととにかく「目立ちまくることが勝ち」みたいなSNSのようだが、ネカマならぬ「ネットヤンキー」(ネヤン?)で溢れかえってオモチャにされそうな予感。
[ 2012/02/28 22:08 ] その他 | TB(0) | CM(0)

英語の公用化と便利なアプリ

ご存知の方も多いと思いますが、楽天やユニクロが英語を社内公用語にするというニュースが前から話題になっています。
今日も週刊ダイヤモンドで"凄絶!楽天の「英語公用語化」"といった記事で取り上げていました。

個人的には"そこまでやらなくてもいいんでない?"と思っていた一方、もしかしてなんか便利なアプリがすでにあるのでは?と思い調べてみたところ、やはり存在していました。

それは「Google翻訳(Google Translate」というアプリ(無料)。

インストールして試してみたところ、英語のみならず、60 以上の言語に対応しており、しかもいちいち文字を入力しなくても音声入力が可能なのが良いですね!スピーディーに会話ができそう。
ただ、たまに正しく認識できていないことがあるのはご愛嬌か?

当然アプリに頼らず会話が出来た方がいいのは間違いないが、習得までの手間など、費用対効果を考えると実はこのアプリで充分ということも多々あるんじゃないかなぁ、とも思います。


今後このアプリの精度が増すと、英会話の勉強をするのが馬鹿らしくなる?
[ 2012/02/27 21:42 ] その他 | TB(0) | CM(0)

社員満足度と"マズローの欲求5段階説"とその引用

経営者の方の話でよく見られるのが社員満足度の向上や、その定義付けや説明の引き合いに出されるのが「マズローの欲求(5)段階説」。

なんでよく登場するのかと思い、ちょっと調べてみると、マズローの欲求段階説は組織心理学において、従業員の動機付けの説明として利用されてきた経緯が影響しているようです。

この「マズローの欲求(5)段階説」。Wikipediaの説明によると以下の内容のようだ。

アメリカ合衆国の心理学者・アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を以下の5段階の階層で理論化・分類したもの。

 1.生理的欲求(physiological need)
 2.安全の欲求(safety need)
 3.所属と愛の欲求(social need/love and belonging)
 4.承認の欲求(esteem)
 5.自己実現の欲求(self actualization)

人の欲求は、低次の欲求から高次の欲求へ移行していくらしい。
が、個人的には少々違和感を感じる部分もあるなぁと思っていたら、批判的意見もあるようで、例えばRobbins(スティーブン P.ロビンス)は、マズローの枠組みはアメリカの文化が前提であり、日本の場合は安全欲求が一番上になると述べていたり、或は、普遍的な科学根拠や実証性を欠いているのではないかという疑問も呈されている。


そんな長い前置きはさておき、話は戻って経営者のマズローの欲求段階説の引用について思うことなど。

今日の日経ビジネスオンラインで、ワタミの渡邉美樹氏のコラムにも引用されていました。

ワタミの解釈と取り組みはだいたい以下のようだ。

1.生理的欲求 → 社員が衣食住に対して足りるように配慮
2.安全の欲求 → 社員の給料を上げたい、安定した生活を提供する
3.親和の欲求 → 好きな者同士で仕事しよう(同じ理念の共有者と働く)
4.承認の欲求 → 正しい評価と正当な成果、報酬(完全実力主義で年功序列なし。職務給)
5.自己実現の欲求 → 社員の独立を奨励

一方、2年連続日本一の社員満足度が高い会社で有名なECスタジオの解釈と取り組みはだいたい以下の通り。

1.生理的欲求 2.安全の欲求 → 女性社員が働きやすい職場の提供。社員をクビにしない。短時間、高賃金の環境の提供。
3.社会的欲求 → 経営理念を共感する会社としか取引しない。経営理念に沿わないビジネスはしない。
4.尊厳欲求 → 人と仕事のミスマッチで、部署異動でも解決できない場合、本人が発揮できる新部署設立。
5.自己実現欲求 → 社員個人のビジョンづくり(「夢をつくる」セミナー)。

比較して思うのが、2.安全の要求についてECスタジオの取り組みが素晴らしく、代表取締役の山本敏行さんは"いつクビを切られるかわからない状態では社員の満足度は上がるはずもありません"とずばり踏み込んでいます。

で、言いたいことは、ワタミをディスりたい訳ではなく、ここまで踏み込める会社はそうそうないと思うので、ヘタに経営者の方がマズローの欲求段階説を引用するとECスタジオと比較されて恥をかくよなぁ・・・ということ。

社員をクビにしない!とキッパリ言い切れる、格好いい会社が増えるといいですね!


参考:日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方
[ 2012/02/20 21:45 ] その他 | TB(0) | CM(0)

クレジットカード払いの変更

現在、公共料金はすべてクレジットカードで支払いをしています。

しかしメインで使っているクレジットカードのお得なサービスが終了する都合から、支払いカード会社をネットで変更しようと調べたところ、東京電力、東京ガス、東京都水道局のうち、東京ガスだけがネットで変更可能でした。

電気と水道はカスタマー(お客様)センターに聞かないと詳細は判らないが、めんどくさそうならいっその事口座振替に切り替えるという方法もありかな。
それ ぞれ毎月50円程度割引になるようなんで。
[ 2012/02/19 20:52 ] その他 | TB(0) | CM(0)

NTTグループ一体化でサービス展開?

ふ~んといった感じでスルーしていたのが、「b-mobile FMC for フレッツ光」。

ざっくりいうと、NTT東日本は2月からFTTHサービスのオプションとしてSIMカード(モバイルWi-Fiルーター用)を販売する。価格はISP料金込みで月1560円。ただし、上り/下りの最大速度が100kbpsに制限される、といったもの。

しかし、ここの記事を読んで気づいたが、NTTグループ一体化でのサービス展開と見る向きもある。

というのもこのサービス、固定回線のプロバイダがNTTコミュニケーションズのOCNで、モバイル回線はNTTドコモの通信網を利用している。

ご存知の通り電気通信事業法では、NTTとドコモが一体となってサービスを行うことは認められていない。

だが、間にNTTドコモ回線を間借りして事業を行っている日本通信(b-mobile)を挟むことによって
NTTコミュニケーションズとNTTドコモが連携してサービス展開を行う
といった見方もできる、という訳です。

しかしKDDIグループの直接的な連携サービス(auスマートバリュー)と比べると、どうなんだろうか?日本通信も慈善事業をしている訳ではないから、やはりコストはかかってくるんじゃないかと。

ただ、グループ一体でのサービス展開の今後としては、他にも色々出てくると面白いことになりそうですね。
[ 2012/02/16 21:26 ] その他 | TB(0) | CM(0)

誰でもコンテンツ販売可能!「Gumroad」

米国発のサービス「Gumroad」が話題になっているらしい。

Gumroadは誰でも簡単にデータを販売できるようにするサービス。
特徴は以下の通り。

・操作が簡単
・ファイル形式の指定がなく、なんでも(公開済みの1枚のWebページでも)販売の対象にできる
・Gumroadに支払う手数料がコンテンツ代金の5%+0.3ドルと格安

他、売る側はコンテンツ代金を受け取るためにPayPalアカウントが必要。

なんでも売る事ができるので、例えば自分で写した写真の画像とか、ノウハウ等の情報商材とか、作曲した曲データとか、自分で描いたイラストデータとか、考えると色々出てきそうですね。

ただ、課題もあるようで、ここの記事をみると以下の点が問題点と思われる。

・購入者に対しそのダウンロードURLがそのまま送信されるので、そのURLがそのままネットに流出するとタダで取られ放題。
・「誰でもコンテンツを簡単に販売できる」ということは「海賊版を誰でも簡単に販売できる」ということでもある。
・国内では資金決済法の絡みで問題になる可能性がある。

今後課題がクリアされるとかなり流行るかも知れませんね。

しかし先日このブログでも紹介したアビリエ」は、このサービスが流行るとヤバいんじゃないかなぁ・・・。


(2/15追記)
「Gumroad」と同様のサービス「Ameroad」が日本から早くも登場したのには笑った。シャレで作られた?
[ 2012/02/14 21:27 ] その他 | TB(0) | CM(0)

無名クリエイターを支援「Grow!」と投稿動画の支援

「なぜいいコンテンツを作っても、無名の人はもうけられないんだろう」
――その状況に対する解決手段になりうると思われたのが「Grow!」というサービス。

そのサービスの内容は、事前購入したポイントをコンテンツ制作者が設置したGrow!ボタンを押すことで寄付するといったもの(1Grow!ポイント=1ドル)。

サービスが出来上がった経緯は、この記事を読むと以下の流れのようだ。

 今まではコンテンツの対価を直接ユーザーから受け取らず、ページに広告を載せることで間接的に儲ける収益モデルしかなかった。
  ↓
 これでは広告ありきでコンテンツがないがしろになってしまう可能性がある。
  ↓
 ユーザーが価値を感じたコンテンツに、素直にお金を払う仕組みがあれば。
  ↓
 そこで、専用ボタンをクリックするとクリエイターにチップを贈れるGrow!


日本では寄付やチップの文化がほとんどないので、事業としてはなかなか難しいと思われますが応援したいですね。


ところで、記事を読んでフト思いついたことがあります。

それは投稿動画に対しても応用できそうだ、ということです。

ただ私が思いついたシステムは、まんまパクりではなく、具体的には以下の通り。

まずユーザーは事前に1ポイント=1円の「ポイント」をある程度まとめて購入する(便宜上このポイントを仮に「ほぅ」ポイントと呼びます)。

動画サイトにログイン後、投稿された動画を観る。

そこで思わず「うぉ!」となったり、「ほにゃ~♥」となった瞬間に、設置されている「ほぅ」ボタン(仮)を気の赴くままに連打!連打!
するとボタンを押した分だけ自分の「ほぅ」ポイントを消費し、その動画ページの「ほぅ」ポイントが貯まる。

ここでボタンを押したタイミングも記録に残り、その瞬間に押された総回数が集計され、動画の横にある「ほぅ」ゲージ(仮)で表現される。当然沢山の人が同じタイミングで押した回数が多いほど、ゲージ表示も高く表示される。
つまりその瞬間での盛り上がり度合いがゲージで判る。

貯まった「ほぅ」ポイントは、サイト運営者が手数料を引き、残りは動画投稿者に配分される。

hou_point.png
  ↑利用ユーザーから見たイメージ図(クリックで拡大)

ポイントは"1「ほぅ」ポイント"を少額にして寄付の心理的ハードルを下げている点ですかね。
ボタン連打が"トリビアの泉"っぽくて楽しそうかと。
あと、ニコニコ動画とかと相性が良さそうだなぁ、なんとなく。


このアイデアがなかなか良いと思われた方は、「拍手」ボタンを押して戴けると嬉しいです。
[ 2012/02/09 22:33 ] その他 | TB(0) | CM(1)

Visual Web Deveroper 2010 Expressがインストールできない場合

Visual Web Deveroper 2010 Expressのインストールエラーについての備忘録。

通常のインストール方法としては"Microsoft Web Platform Installer 3.0( WebPI )"をまずインストールしてから、WebPIの中にある"Visual Web Developer Express 2010 SP1"項目を「追加」して「インストール」。

だが、この方法だと"SQL Server Express 2008 R2"を有無を言わさずインストールすることになるが、このSQL Serverがくせ者で、インストール時にエラーがよく発生したりする。

で、困った事にSQL ServerのインストールエラーによってVisual Web Deveroper 2010 Expressのインストールが失敗になる。

だが、実は過去にVWD単体(+オプション色々)でダウンロードが出来ていたようで、そのリンク先が現在(2/7)も有効だったりする。

そこでどうしてもWebPIでのインストールがうまく行かない場合は、そのリンク先に直接アクセスして旧インストーラーをダウンロードすることをオススメします。
そのリンク先は以下の通り。

Visual Web Deveroper 2010 Express単体
http://go.microsoft.com/?linkid=9732120

ただ、Visual Web Deveroper 2010 Express「SP1」ではないのと、インストールの途中にSQL Serverを促す過程があるので注意。

インストールがうまくできた後は
Web Standards Update for Microsoft Visual Studio 2010 SP1
をダウンロードして HTML5 と CSS3 のインテリセンスおよびターゲットスキーマに対応させると良い。
[ 2012/02/07 22:34 ] その他 | TB(0) | CM(0)

糖尿病とアルツハイマー病と経鼻インスリン療法

インスリン鼻スプレーで治療!?初期のアルツハイマー病を改善経鼻インスリン療法」という記事を読んで、初めて糖尿病とアルツハイマーの関連性があることを知りました。

記事の内容をざっくりまとめると以下の通り。

インスリンの不足や作用低下で起こる有名な病気が「糖尿病」だが、脳もまたブドウ糖を大量消費する器官から糖質消費にはインスリンが必須であり、インスリン不足や作用低下によって脳に影響が起きてもおかしくはない。
実際アルツハイマー型認知症の初期において、海馬を含む部位でのインスリン濃度の低下が、報告されている。

ということは、アルツハイマー治療として効率よくインスリンを脳に届けることが出来れば有用では?といった観点から、鼻粘膜からゆっくり脳血流にインスリンを到達させる「経鼻インスリン療法」(鼻スプレー)といった療法が研究されている。

2011年9月、米国でこの療法の試験結果が報告され、若干の改善が認められた。


記事にもある通り"今回の結果は大規模臨床試験への試金石になる"ということは、まだまだこれから・・・ということですね。実現すれば手軽な治療方法なので、長い目で期待したい。

しかし全然関係ないが、2011年9月に発表された話を今日に持ってきた、ダイヤモンドの記事の意図がよくわからんなぁ。
[ 2012/02/06 20:14 ] その他 | TB(0) | CM(0)

知識・スキルをみんなに販売するサイト「アビリエ」

なかなか興味深いのが知識やスキルを売買するサイト「アビリエ」。2012年2月(今月)オープン。

具体的には、ファッションモデルがウォーキングの方法を教える動画や、栄養士がダイエットの方法を教えるPDF、アナウンサーが用意された原稿を読んだ音声データなどの電子データを売買する。

今まであったオークションで売買される「情報商材」とは違って、胡散臭くならないよう、出品される知識やスキルは事前に審査されたり、出品者のプロフィールが顔出し・実名入りで表示されたり、購入者レビューが掲載されたりなど工夫を凝らしているらしい。

ただここの記事を読むと、"出品料は無料で、売買が成立すると手数料の40%を引いた金額が出品者の取り分となる"とのことだが、40%の手数料は高いんじゃないかなぁ。

例えばYahoo!が「Yahoo!プレミアム(月額会員費346円)」会員向けに同様なサービスを始めたとする。
出品者の顔出し・実名入りでなくてもOK!にして出品ハードルを下げ、手数料が25%~30%ぐらいで始まったとすると、根こそぎお客を持っていかれるような気がするのだが、どうだろうか?

なんにせよ他社の動向も含め(「動学.tv」とか)、今後の展開が少々楽しみです。
[ 2012/02/06 20:09 ] その他 | TB(0) | CM(0)

「Pogoplug Mobile」と「Pogoplug Cloud」と「LinkStation Cloud Edition」

前から少々気になっているのが「Pogoplug」。
この度、新型の「Pogoplug Mobile」が2月3日に7980円で発売される予定で、また、ウェブクラウドサービスの「Pogoplug Cloud」(5GBまで無料)はすでにサービスが提供開始されている模様。

「pogoplug」の対応プラットフォームは、
・Windows XP/Windows 7
・Mac OS 10.6.6以上
・Linux
・iOS 4.2以上
・Android 2.2以上
で、それぞれ対応アプリも存在している

「Pogoplug」のサービスをざっくり説明すると、自分で所有しているハードディスクを「Pogoplug」に繋ぐことで容量無制限(ハードディスクの容量が許すかぎり)のクラウドストレージとして使用でき、パソコンもスマホも同期可能。

新型は動作は80%の高速化が実現されているというし、興味深いのだが、基本的にハードディスクは壊れる物という認識の自分としては、RAIDが組めるのかどうかが気になる。
RAIDが組めないようでは、全部ここにデータをブチこんで一元化管理をしようとは思わない所存。

で、検索してみると「Pogoplug Mobile」のRAID対応は不明だったが(多分大丈夫?)、別物でPogoplug内蔵「LinkStation Cloud Edition」なるものを発見。
こちらの商品はRAIDモードも利用でき、ミラーリング(RAID 1)も可能とのこと。

しかし値段が
4TB (2TB×2) CS-WV4.0/R1 57,855円
2TB(1TB×2) CS-WV2.0/R1 46,725円
なんで、ちょっとお高めかな。

もうちょい安くRAIDが組めて、クラウドストレージとして利用できれば言う事ないんだけどね。
[ 2012/02/01 20:12 ] その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

いけぢー

Author:いけぢー
備忘録がメインです。
あとは思いついた内容など。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
アクセスカウンター
押さないでください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。